[ワキガクリーム/副作用]安全性の高いわきがクリームの選び方3つのポイント

安全性の高いワキガクリームをお探しなら口コミで一番人気の高いクリアネオクリームを試してみてはいかがでしょうか?

[ワキガクリーム/副作用]無添加・無着色の成分であること

安全なワキガクリームを購入するなら無添加の商品を選ぶ必要があります。

普段、生活していてそれほど気にしない無添加の食品。

しかし、肌の弱い人や子供への使用を考えているなら無添加なのかどうかは気にしたいものです。

ワキガクリームを選ぶときには、無添加であることはもちろん、無着色であるかどうかもチェックするようにしましょう。

ここでいう無添加とは、香料、着色料、保存料がないという定義です。

[ワキガクリーム/副作用]国内の工場で生産された商品であること

日本から購入できるワキガクリームには、国内生産の商品と、海外生産の2つがあります。

海外ではワキガ体質の人が日本よりも多く存在するため、海外のワキガクリームは強力で高い効果が期待できると思っている方が多いです。

海外生産のワキガクリームは日本人の肌には合わない成分が含まれているケースがあります。

そのため、続けて使用していくうちに肌荒れ、かゆみなどの肌トラブルを引き起こす場合もあります。

ワキガクリームは体内に入れないから大丈夫!と思う方もいるかもしれません。

しかし、肌に炎症を起こした状態で日本人に合わない強力な成分を塗ってしまうとワキガ臭の悪化の原因に繋がってしまいます。

やはり、日本人の体質・肌質に合わせたワキガクリームを使用するようにしたいですね。

ワキガクリームは医薬部外品を選ぶこと

日本で購入できるワキガクリームには、化粧品と医薬部外品の2つのタイプがあります。

副作用の危険性が少ないワキガクリームを探している人は、医薬部外品のワキガクリームを購入するようにしましょう。

医薬部外品は、厚生労働省が認めた有効成分が配合されている、高い効果が期待できる商品のことをいいます。

一方で、化粧品は、医薬部外品に比べて基準が低いため、医学部外品に比べて効能、安全性がかけます。

料金が安い!というだけでわきがクリームを選んでしまうと、購入後の化粧品だった。。と後悔することになってしまうので注意したいですね。

一般的なスキンケア用品は「薬事法」により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、効果・効能の範囲が明確に分かれています。

「医薬品」とは、病気の「治療」を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものです。
医師が処方するものもあれば、ドラックストアなどで購入することもできる大衆薬(OTC)もあります。ワセリンや保湿外用剤などがスキンケアに用いられる医薬品です。

「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。[治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。

「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「日焼けによるシミ・ソバカスを防ぐ」「皮膚の殺菌」など、効果のある有効成分が配合されているのでその効果を訴求できます。また「薬用」とは「医薬部外品」で認められている表示ですので「薬用=医薬部外品」となります。

「化粧品」とは、医薬部外品と比較してもさらに効能・効果が緩和で、清潔にする、美化する、魅力を増す、健やかに保つなどの目的で使用される製品です。
医薬部外品に認められている「肌荒れ・荒れ性」「にきびを防ぐ」「皮膚の殺菌」などの効能・効果は認可されていないので、パッケージなどで表現することはできません。

「医薬品」「医薬部外品」はこれらの表示が必ずあるはずです。購入の際、表示を参考に目的にあったものを選んでください。

引用: 「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」にはどんな違いがあるの?

GMP認定工場で製造されたワキガクリームを選ぶこと

GMPとは厚生労働省が認めた製造管理、品質管理のことです。

GMPには主に3つの目的があります。

人による間違いを最小限にする
医薬品が汚染されたり、品質が低下することを防ぐ
高い品質を保つ仕組みを作る

引用:GMPって何?

ワキガクリームは配合されている成分は安全性を確かめる上でとても重要です。

でも、ただ有効成分が入っていればいいというわけはありません。

ワキガクリームが製造される過程で、品質や衛生面がよくなければ意味がありません。

工場の衛生面が悪い施設で製造されたワキガクリームは安全性にかけてしまいますよね。

またGMPでは、その工場で働いている人間が配合量、取り扱いなどでミスをしないように厳しい基準を設けています。

GMPは環境や設備によって防ぐことができることを徹底しています。

つまり、GMPの基準を満たした工場で製造されたワキガクリームであれば、衛生的にも安全性が高いとって問題ないでしょう。

GMPの認定を受けていないワキガクリームだからといって安全性が低いとは一概には言えませんが、安全性にこだわる人であればGMPに認定された工場で製造されているワキガクリームを選ぶようにしたほうがよさそうですね。

当サイトでおすすめしているクリアネオのワキガクリームはGMPの認定を受けているので安心してワキガ対策に使用することができますね。

[ワキガクリーム/副作用]放射性物質検査済みであること

クリアネオクリームは第三者機関の放射性物質検査をクリアしています。

福島の原子力発電所の爆発事故以来、日本では放射性物質を気にする人の割合が増えています。

ワキガクリームは体内に入れないとはいえ、肌に直接使用するものなので放射性物質の有無については気になるところですよね。

そのため、ワキガクリームを選ぶ場合にはメーカー独自の検査ではなく、第三者機関で放射性物質の検査を行っている商品を選ぶようにするといいと思います。

クリアネオは第三者機関の放射性物質検査をクリアしている安全性の高いワキガクリームです。

アレルギーパッチテスト済みであること

ワキガクリームは肌に直接塗るものなので、肌が弱い人はかゆみや赤みなどの肌トラブルが心配な人も少なくありません。

どんだけワキガ対策ができるわきがクリームであっても肌トラブルが出てしまえば、継続して使うことができませんよね。

安全性の高いワキガクリームを選ぶなら、アレルギーパッチテストをクリアした商品を選ぶようにしましょう。

アレルギーパッチテストをクリアした商品であれば、肌が弱い敏感肌の人であっても安心して試してみることができますよ。

市販で販売されている安いワキガクリームは、パッチテストをしていない商品がほとんどです。

そのため、値段だけでワキガクリームを選ぶと失敗の原因となってしまいます。

 24時間閉塞パッチテスト済みであること

24時間閉塞パッチテストは肌に塗る化粧品が、人に使っても強い刺激がないのか検査するテストです。
24時間閉塞パッチテストのテストをクリアしているワキガクリームであれば肌に使っても刺激性が少ないということになります。

そのため、肌が弱い人でも安心して使用することができるということです。

肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定します。
化粧品、繊維製品、ゴム素材などのヒト安全性試験として、24・48時間単回皮膚接触による皮膚反応を判定する試験です。

引用:24・48時間閉塞パッチテスト

24時間閉塞パッチテストの方法は、3日間にわたって20人の被験者で検査を行います。

観察時期は剥離から60分後と24時間の2回に分けて行われています。

塗ってすぐに副作用が出ないか?
塗って時間が経ってから副作用が出ないか?

肌に塗るクリームには塗ってすぐに副作用がなくても、時間が経ってから副作用が出てしまうケースもありますよね。

しかし、24時間閉塞パッチテストをクリアしているワキガクリームであれば、塗った直後はもちろん、塗ってから時間が経った後でも副作用が出る可能性は少ないと言っていいでしょう。

肌荒れが心配な人は、24時間閉塞パッチテストの検査を終えているワキガクリームを購入するとよさそうですね。

低スティンギングテスト済みであること

低スティンギングテストでは、塗ってから肌にヒリヒリ感がでないか検査する感応性テストです。

低スティンギングテストをクリアしているワキガクリームであれば、肌に塗ってもヒリヒリ感やつっぱり感を感じることは少ないといえます。

スティンギングとは「ぴりぴり感」を意味し、他にヒリヒリ、ツッパリ感、かゆみなど通常紅斑や浮腫のような炎症性症状は伴わず、一過性に消失する反応を見るテストです。

引用:スティンギングテスト

低スティンギングテストでは、日本人女性10名の被験者によって検査を行います。

検査方法は、肌にワキガクリームを塗った後に、ヒリヒリ感、ツッパリ感がないのか?被験者自身で評価します。

この評価は4段階の評価基準が設けられています。

低スティンギングテストをクリアしているワキガクリームなら低刺激ということになります。

肌に低刺激なワキガクリームをお探しであれば、低スティンギングテストの検査をクリアしている商品を選ぶとよさそうですね。

RIPT 累積刺激性試験済みであること

RIPT 累積刺激性試験では皮膚科のお医者さんが刺激性の有無を評価する検査です。

被験者自身が評価する試験ではないので、RIPT 累積刺激性試験をクリアしていればアレルギー性がほとんどないといえるでしょう。

肌に接触する可能性がある商品すべての、刺激性の有無を判定します。
24時間閉塞パッチの連続刺激を6週間にわたり観察し皮膚反応を皮膚科医師による総合評価によって判定する試験です。

引用:RIPT(累積刺激及び感作試験)

RIPT 累積刺激性試験は、被験基準を満たす男女60人で行われます。

他のテストに比べて被験者の数も多くなっているので、より信頼性が高いと言えるでしょう。

RIPT 累積刺激性試験の方法は、24時間閉塞パッチテストを3週間合計9回行います。

24時間閉塞パッチテスト後は2週間の休息期を挟みます。

休息期を挟んだ後に、第2観察期として24時間閉塞パッチテスが再度行われます。

その後、皮膚科のお医者さんによって、被験者さんにアレルギーの症状がないか評価が行われます。

RIPT 累積刺激性試験は、合計2ヶ月間に渡ってテストが行われるんですね。

つまり、RIPT 累積刺激性試験をクリアしたワキガクリームであれば、長期間使用を続けても副作用の心配はないといえるということです。

ワキガクリームは一度塗って完治するもではなく継続が必要ですよね?

そのため、安全なワキガクリームを購入するならRIPT 累積刺激性試験をクリアした商品を購入すると良さそうですね。

[ワキガクリーム/副作用]配合成分の安全性は大丈夫なのか調査

通販で販売されているワキガ専用のワキガクリームの配合成分はどの会社の商品もほとんど変わりません。

そこで、ワキガ専用の商品の全成分を元に、副作用の心配が本当にないのか?全成分を徹底解説してみました。

結論から言うと、口コミで一番人気の高いクリアネオには刺激の強い成分は配合されていませんでした。

クリアネオのワキガクリームなら敏感肌の人であっても、副作用の心配はほとんどないといえるでしょう。

ワキガクリームの全成分・成分表を解析

イソプロピルメチルフェノールの副作用と安全性

イソプロピルメチルフェノールは人臨床試験で皮膚アレルギーの報告はされていません。

そのため、子供や敏感肌の人に使用しても低刺激の成分といえます。

ただし、イソプロピルメチルフェノールは厚生労働省では配合量が指定されています。

指定されている配合量以上を含む場合は、副作用が現れてしまう場合があります。

イソプロピルメチルフェノールのような有効成分は、消臭効果が高いからといって配合量が多ければいい!ということではないんです。

しかし、クリアネオクリームは、厚生労働省が指定している量を守って作られているため副作用の心配はほとんどないといえるでしょう。

引用:イソプロピルメチルフェノール

パラフェノールスルホン酸亜鉛の副作用と安全性

パラフェノールスルホン酸亜鉛は、薬事法により配合量が決められています。

ワキガクリームのような使用後すぐに洗い落とすことのない商品の場合には、100g中2.0gまでの使用が認められています。

つまり、配合量が指定の量よりも少ないものであれば副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

口コミで一番評判のクリアネオにはパラフェノールスルホン酸亜鉛は基準値以下の量歯科配合されていません。

そのため、クリアネオは安全性が高いワキガクリームと言えるでしょう。

引用:パラフェノールスルホン酸亜鉛

柿渋エキスの副作用と安全性

柿渋エキスは渋柿から取れる植物性の成分になります。

普段、スーパーで当たり前に販売されている柿にも配合されている成分です。

そのため、柿渋エキスは副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

ただし、植物性のアレルギーや柿のアレルギーがある人は使用前にお医者さんに確認を取ることが良さそうですね。

クリアネオクリームは3種類のアレルギーテストもクリアしているので、副作用の心配性はほとんどないといえるでしょう。

シャクヤクエキスの副作用と安全性

シャクヤクエキスは日本でも古代から使用されている植物成分です。

中国では紀元年300年も前から医学で利用されています。

そのため、副作用や危険性の心配はほとんどないと言えるでしょう。

消臭効果の高いワキガクリームには必ず配合されている成分です。

クリアネオクリームでもワキガの臭いを抑える成分として配合されています。

チャエキスの副作用と安全性

茶エキスは茶の木から摘出することができる植物性成分です。

茶エキスは消臭効果の働きがありワキガクリーム以外にも、石鹸や入浴剤にも使用されることが多い成分です。

普段、何気なく使っている日用品にも配合されている成分のため、副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

実際には、10年以上も前から日本では使用されており、刺激性の報告は今現在されていません。

そのため、副作用の危険性のない成分と考えられます。

クマザサエキスの副作用と安全性

クマザサエキスは消臭効果だけではなく、肌荒れ防止としても働きもある植物性成分です。

そのため、肌トラブルを抑えてくれる働きがあります。

高い効果のワキガクリームには必ず配合されている成分になります。

引用:クマザサエキス

ハマメリエキスの副作用と安全性

ハマメリエキスには収斂作用があるため、多くの化粧品に使用されてる植物性の成分です。

ハマメリエキスは、日本でも昔から使用されているため、アレルギーの副作用の危険性がほとんどない成分といえます。

そのため、皮膚のかぶれやかゆみが出る心配はほぼありません。

架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物の副作用と安全性

架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物は、多くの化粧品に含まれている成分です。

乳化剤として使われています。

そのため、副作用の危険性は少ないと考えられます。

メチルポリシロキサンの副作用と安全性

メチルポリシロキサンは、シャンプーやリンスなどのヘアケア商品に配合されれていることがおおい成分です。

皮膚性刺激や毒性などの危険性はほとんどないとえるでしょう。

アレルギーなどの実例もないため、安全性が高い成分といえるでしょう。

架橋型メチルポリシロキサンの副作用と安全性

架橋型メチルポリシロキサンはシャンプーやリンス、石鹸などに含まれている成分です。

そのため、副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

チルシクロペンタシロキサンの副作用と安全性

チルシクロペンタシロキサンは、毒性のない安全性の高い成分です。

そのため、アレルギーの原因となるアレルギンなどの皮膚感作性はありません。

PEG-9の副作用と安全性

PEG-9は、皮膚刺激が起こる可能性がわずかにある成分です。

しかし、クリアネオは3つのパッチテストをクリアしているワキガクリームです。

つまり、配合量が基準値を超える量ではなければ副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

ポリジメチルシロキシエチルの副作用と安全性

ポリジメチルシロキシエチルは、皮膚を滑らかに保つ働きがあるシリコン系の乳化剤になります。

そのため、日焼け止めなどの化粧品に使われていることが多い成分です。

ポリジメチルシロキシエチルが配合されていることで、肌にしっとりとした感触を与える効果が期待できます。

副作用の危険性は少ない安全性の高い成分と言えるでしょう。

ジメチコンの副作用と安全性

ジメチコンは日焼け止めに配合されていることが多い成分です。

肌がキシキシになったり、乾燥することを抑える働きがあります。

ジメチコンが配合されていることで、脇にワキガクリームを塗っても肌荒れなどの副作用を抑える働きが期待できます。

副作用の危険性はほとんどないと言えるでしょ。

セリサイトの副作用と安全性

セリサイトは鉱物の一種で、女性のファンデーションに使われています。

セリサイトを配合することで、ワキガクリームを塗った時にソフトな感触を与える効果を期待することができます。

セリサイトは国内で採ることができる粘土のようなもので毒性はほとんどありません。

メチルハイドロジェンポリシロキサンの副作用と安全性

メチルハイドロジェンポリシロキサンは、べたつき感を抑える働きがあります。

また、撥水性があるため、脇汗でクリームの成分が流されることを防ぐ働きが期待できます。

副作用の危険性はほんとどない成分になります。

架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体の副作用と安全性

架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体は、ワキガクリームののびをアップし、サラサラ感を与える働きが期待できます。

副作用の心配はほんとんどない成分になります。

イソノナン酸イソトリデシルの副作用と安全性

イソノナン酸イソトリデシルは、クリームやシャンプーなどに配合されている成分です。

クリームに配合される場合には1%から5%がベストの配合量とされています。

クリアネオはアレルギーテストもクリアした商品なので、配合量にも問題はなさそうですね。

危険性の高いアレルギーの心配はほとんどないといえるでしょう。

精製水の副作用と安全性

精製水(せいせいすい)は比較的純粋な水になります。

アレルギーなどの例はありませんでした。

塩化ナトリウムの副作用と安全性

塩化ナトリウムは配合量が多いと副作用が出る可能性がある成分です。

しかし、クリアネオでは3つ以上のアレルギーテストをクリアしているため、アレルギーの心配はほとんどないと言えるでしょう。

配合量が基準値を超えないことが重要です。

クエン酸ナトリウムの副作用と安全性

クエン酸ナトリウムはスキンケア商品に含まれることが多い成分です。

国内ではこれまでに長年使用されている成分で、危険性はほとんどないと言える成分でしょう。

エタノールの副作用と安全性

エタノールは有名な消毒に使われる成分です。

皮膚に塗るなど外用として使用する分には副作用の心配はほとんどありません。

引用:エタノール

フェノキシエタノールの副作用と安全性

フェノキシエタノールは防腐剤としての働きがあります。

そのため、配合量を間違えると毒性の危険性がある成分です。

しかし、クリアネオクリームなら、各アレルギーテストをクリアしているのでアレルギーらの心配はほとんどないと言えるでしょう。

1,3-ブチレングリコールの副作用と安全性

1,3-ブチレングリコールには保湿作用の働きが期待できます。

そのため、質のいいワキガクリームには配合されていることが多いです。

国内では10年以上も使用されている成分になるので安全性は高いと言ってもいいでしょう。

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液の副作用と安全性

ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液は、品質の性能の低下を防ぐ働きが期待できます。

そのため、ワキガクリーム以外にも石鹸やヘアカラー剤に使用されています。

国内ではアレルギーらの報告はない安全性が高い成分といえるでしょう。

ウーロン茶エキスの副作用と安全性

ウーロン茶エキスは化粧品に配合されている成分で酸化防止剤や皮膚コンディショニングの働きを目的に使用されています。

国内では幅広い商品に配合されており、危険性は少ない成分といえるでしょう。

チョウジエキスの副作用と安全性

チョウジエキスは石鹸や整髪剤に使用されている成分です。

国内では10年以上も使用され続けている成分なので危険性はいたって低い成分と考えられます。

クララエキスの副作用と安全性

クララエキスには美白作用の働きが期待できる成分です。

そのため、ワキガクリームに配合されていることで黒ずみの美白効果にも期待することができます。

クララエキスは安全性は高いのですが、稀にアレルギーを引き起こすケースがあります。

そのため、ワキガクリームを選ぶ際にはアレルギーテストをクリアした商品を購入することでクララエキスが配合されていても副作用を避けることができるでしょう。

オウバクエキスの副作用と安全性

オウバクエキスはお肌にハリを与え清潔に保つ働きを期待することができます。

そのため、高い効果が期待できるワキガクリームには欠かせない成分の一つです。

オウバクエキスは植物由来の天然成分のため安全性が高い成分として国内でも使用されています。

ラベンダーエキスの副作用と安全性

ラベンダーエキスは香料の代わりとしてワキガクリームに配合されています。

ラベンダーエキスは天然成分のため、副作用の心配はほとんどないとえるでしょう。

ただし、配合量には注意が必要です。

そのため、アレルギーテストをクリアしたワキガクリームを選ぶようにすることが重要ですね。

炭酸水素ナトリウムの副作用と安全性

炭酸水素ナトリウムは、速効性、制酸作用の働きがある成分です。

ただし、ナトリウム摂取制限を必要とする人には症状が悪化する可能性があるため、使用を禁止されています。

引用:炭酸水素ナトリウム

炭酸ナトリウムの副作用と安全性

炭酸ナトリウムは不純物が少ない高度精製品でラーメンやこんにゃくなどに使用されています。。

そのため、大量摂取しないかぎり危険性はほとんどないといえるでしょう。

引用:炭酸ナトリウム

ハマメリスエキスの副作用と安全性

ハマメリスエキスは抑れん作用、抗炎症作用の働きを目的に肌荒れ用化粧品などのスキンケア商品に配合されています。

そのため、ワキガクリームにも必要不可欠な成分の一つです。

医薬部以外品原料規格2006にも載っており、皮膚性刺激性はほとんどない安全性に問題がない成分として使われています。

引用:ハマメリスエキス

紅茶エキスの副作用と安全性

紅茶エキスは酸化防止剤、皮膚コンディショニング剤を目的としてワキガクリームに使用されています。

安全性は高く国内でも長年使用されている成分です。

副作用の心配はほとんどありません。

ドクダミエキスの副作用と安全性

ドクダミエキスには抗菌、殺菌などの機能を持っている成分です。

そのため、常在菌を殺菌する必要があるワキガクリームには配合されていることが多い成分です。

国内では長年使用されている成分で副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

セージエキスの副作用と安全性

セージエキスは抗酸化を目的としてワキガクリームには配合されています。

また、多汗を抑える収れん作用も特徴の一つです。

国内でも10年以上もの間使用されている安全性が高い成分です。

ブドウ葉エキスの副作用と安全性

ブドウ葉エキスはビタミンが豊富でお肌を整えてくれる働きが期待できます。

そのため、ワキガクリームには必須の成分の一つです。

直接肌に使用しても副作用の恐れはほとんどないと言えるでしょう。

ビワ葉エキスの副作用と安全性

ビワ葉エキスは、色素沈着抑制作用の効果が期待できるためワキガクリームに配合されています。

ビワ葉エキスは、日本薬局方にも載っている漢方生薬です。

そのため、基準値以下の配合量であれば危険性はほとんどないとえるでしょう。

パッチテスト等のアレルギーテストをクリアしているワキガクリームであれば副作用の心配はほとんどないと言えるでしょう。

オトギリソウエキスの副作用と安全性

オトギリソウエキスは古くから傷や火傷の治療に使われている成分です。

ワキガクリームには収れん作用の目的に配合されています。

昔から使用されている成分であり、副作用の危険性はほとんどないと言えるでしょう。

カモミラエキスの副作用と安全性

カモミラエキスは保湿、美白効果の働きが期待できます。

また、抗炎症性、殺菌効果もあるためワキガクリームには配合されていることが多い成分です。

カモミラエキスが配合されていることで、肌を整える効果が期待でき肌の弱い人でも使用できるようになっています。

安全性がいたって高い成分と言えるでしょう。

シナノキエキスの副作用と安全性

シナノキエキスは皮膚コンディショニング剤を目的にワキガクリームに配合されています。

シナノキエキスには有害性は認められていませんが、花粉症持ちの人にはアレルギーが出てしまう場合があります。

そのため、配合量が基準値以下のワキガクリームを使用するようにしましょう。

トウキンセンカエキスの副作用と安全性

トウキンセンカエキスは抗刺激作用を目的にワキガクリームに配合されています。

トウキンセンカエキスは、育毛剤など頭皮ケア商品に配合されていることが多いです。

キク科植物アレルギーを持っている人は、アレルギー症状が出てしまう場合があります。

そのため、万が一、アレルギーが出てしまった場合には、使用を中止するようにしましょう。

ヤグルマギクエキスの副作用と安全性

ヤグルマギクエキスは収れん作用を目的にワキガクリームに配合されています。

基準値以下の配合量であれば副作用の危険性はほとんどないと言えるでしょう。

アレルギーが心配な人は、アレルギーテストをクリアしたワキガクリームを使用するようにしたほうがよさそうですね。

ローマカミツレエキスの副作用と安全性

ローマカミツレエキスは抗炎症や抗アレルギー作用が期待できる成分としてワキガクリームに配合されています。

国内でも昔から使用されている成分で、副作用の危険性はほとんどないと言えるでしょう。

ただし、過剰な配合量の場合には注意が必要です。

そのため、第三者の検査をクリアしたワキガクリームを使用することが重要ですね。

アルピニアカツマダイ種子エキスの副作用と安全性

アルピニアカツマダイ種子エキスは植物性の天然成分になります。

ワキガクリームには皮膚コンディショニング剤として使用されています。

アルピニアカツマダイ種子エキスが配合されていることで、肌荒れを防ぐことを期待できるということですね。

アルピニアカツマダイ種子エキスは天然成分のため、アレルギーの心配はほとんどないとえるでしょう。

プルーン酵素分解物の副作用と安全性

プルーン酵素分解物には美白効果が期待できます。

そのため、美白効果も期待できるワキガクリームには配合されていることが多い成分です。

副作用の危険性もほとんどない成分と言えるでしょう。

ヒメフウロエキスの副作用と安全性

ヒメフウロエキスは皮膚コンディショニング目的でワキガクリームに配合されています。

ヒメフウロエキスは皮膚刺激の危険性はほとんどなく、美容のこう方も高い成分として使用されています。

ユキノシタエキスの副作用と安全性

ユキノシタエキスは抗炎症作用、抗菌作用を目的としてワキガクリームに配合されています。

国内では10年以上も使われている成分で皮膚刺激はほとんどないと言われています。

ダイズエキスの副作用と安全性

ダイズエキスは保湿作用、抗炎症作用の働きを目的としてワキガクリームに配合されています。

ダイズエキスには副作用の危険性はありませんが、アレルギー体質の人は注意が必要です。

そのため、アレルギー体質の人はダイズエキスが配合されているワキガクリームを使う場合には一度お医者さんに相談してみると良いでしょう。

アマチャエキスの副作用と安全性

アマチャエキスは保湿作用の働きが期待できます。

そのため、ワキガクリームには配合されていることが多い成分です。

基準値を超えない程度の配合量であればほとんど副作用の心配はないと言えるでしょう。

海藻エキスの副作用と安全性

海藻エキスは保湿作用があるため、クリームを塗った後の肌の環境を良くしてくれる効果が来たできます。

そのため、ワキガ専用のワキガクリームには配合されています。

海藻エキスは国内でも長いこと使用されており、副作用が発生した事例はないとのことです。

加水分解シルク液の副作用と安全性

加水分解シルク液は保湿効果が期待できるためワキガクリームに配合されています。

ただし、シルクアレルギーを持っている人は、副作用が出る可能性があるので、使用前にお医者さんに相談したほうがよさそうですね。

水溶性コラーゲン液の副作用と安全性

水溶性コラーゲン液は皮膚コンディショニング剤としてワキガクリームに配合されています。

水溶性コラーゲン液は国内でも昔から使用されており、副作用の心配はほとんどありません。

ヒアルロン酸ナトリウムの副作用と安全性

ヒアルロン酸ナトリウは、安全性の高い成分保湿成分としてワキガクリームに配合されています。

副作用の心配はほとんどない安全性の高い成分となっています。

コメヌカスフィンゴ糖脂質の副作用と安全性

コメヌカスフィンゴ糖脂質は、肌の水分が逃げないように保持する働きを目的としてワキガクリームに配合されていることが多いです。

肌を保湿することで肌荒れも防ぐ働きが期待できます。

コメヌカスフィンゴ糖脂質には副作用の危険性はほとんどありません。

水素添加卵黄レシチンの副作用と安全性

水素添加卵黄レシチンは保湿効果が期待できる成分としてワキガクリームに配合されています。

また、乾燥を防ぐ働きもあるため水素添加卵黄レシチンが配合されていることで、乾燥肌の人でも肌荒れせずに使用できるようになっています。

水素添加卵黄レシチンは、副作用の危険性がほとんどない成分になります。

卵黄リゾホスファチジルコリンの副作用と安全性

卵黄リゾホスファチジルコリンには保湿作用の働きを目的とし、ワキガクリームに配合されています。

国内では化粧品にも使われていることが多く、安全性には問題がない成分として取り扱われています。

無水ケイ酸の副作用と安全性

無水ケイ酸は使用感の向上、持続時間の向上の働きを目的に表面処理剤としてワキガクリームには配合されています。

国内では科学的に安全性が高く、アレルギーの心配もほとんどない成分として取り扱われいます。

i-メントールの副作用と安全性

i-メントールは、配合量が多くなると副作用が出る可能性が高くなります。

そのため、濃度が低い、基準値を満たした配合量のワキガクリームを選ぶようにしたいですね。

クロルヒドロキシアルミニウムの副作用と安全性

クロルヒドロキシアルミニウムには汗を抑えてくれる働きが期待できます。

クロルヒドロキシアルミニウムは、多少の皮膚刺激が起きる可能性があります。

そのため、配合量には注意が必要です。

無水エタノールの副作用と安全性

無水エタノールは皮膚の消毒の目的として使用されています。

そのため、配合量によっては皮膚刺激症状の副作用も起こる場合があります。

アレルギーテストをクリアしていないワキガクリームは注意が必要そうですね。

引用:無水エタノール

ドラッグストア(薬局)のワキガクリームは副作用が出る可能性が高い

マツキヨ、ドンキホーテ、ツルハ、ロフトなどのドラッグストアで販売されているワキガクリームはおすすめできません。

確かに、薬局で市販されているワキガクリームは料金が通販で売られているワキガクリームよりも1,000円〜2,000円ほどお得に購入することが可能です。

しかし、安さにはそれなりの理由があります。

まず、薬局やコンビニで販売されているわきがクリームや制汗剤は料金のコストを下げるために海外で生産されているものが多くあります。

海外で生産されているということは製造の過程での検査が甘いことも考えれられます。

そのため、配合量が記載されている量とは違ったりする可能性も0とは言い切れませんよね。

海外の工場は日本の工場に比べて衛生面の信頼度も下がります。

そのほかにも、安い市販されているワキガクリームには香料が含まれているケースがほとんどです。

香料が入っているということは、ワキガ臭を香料の臭いで一時的に誤魔化すという仕組みになっています。

そのため、ワキガを一時的に治すことはできても、使い続けることでワキガ臭が悪化してしまう原因に繫がってしまう可能性もあります。

しかし、通販で販売されているクリアネオなら副作用の心配はほとんどありません。

値段が少し高くついても、副作用の心配が少ないワキガクリームを使用することをおすすめします。

ワキガクリームは子供でも安心して使える成分?副作用は?

通販で販売されているワキガ専用のワキガクリームであれば子供さんでも安心して使用することができます。

小学生や中学生の未成年の肌の弱い子供でも大丈夫なように、刺激の強い成分が使われていないからです。

ワキガが原因で子供がいじめられないか心配という親御さんは多くいると思います。

思春期の子供にはワキガはいじめの対象となってしまいますからね。

でも、ワキガクリームを使って娘や息子に副作用が出てしまうのも怖いものです。

もし、10代のお子さん用にワキガクリームを購入するのであれば、コンビニや薬局で安く市販されているワキガクリームは購入しないほうがいいです。

また、海外産のワキガクリームも子供の肌には刺激が強い成分が多く含まれているので止めたほうがいいです。

子供用にワキガクリームを購入するなら、肌が弱い子供でも安心して使えるように考えられて作られているクリアネオクリームがおすすめです。

[ワキガクリーム/副作用]授乳中・妊娠中に脇に使っても安全なのか?

市販タイプの安いワキガクリームは授乳中に使用することはおすすめできません。

なぜなら、香料や添加物などの刺激が強い成分が含まれているからです。

いくら赤ちゃんの口には入らない脇にクリームを塗るからといっても、脇と乳は近いこともあるので赤ちゃんが香料などの刺激の強い成分を間違って口に入れてしまったらとても危険です。

授乳中や妊娠中にワキガクリームを使用するなら、刺激の強い成分が配合されていないワキガクリームを選ぶようにしましょう。

クリアネオクリームであれば、授乳中のお母さんでも安心して使えるように優しい天然成分で作られているので安全性が市販のものより高いと言えるでしょう。

ただし、使用前に皮膚科のお医者さんに相談してみるようにしましょう。

[ワキガクリーム/副作用]敏感肌でも大丈夫?かゆみやかぶれの心配は?

市販されているワキガクリームは敏感肌の人が使用するとかゆみやかぶれなどの副作用が出る恐れがあります。

その理由として、刺激の強い成分で作られているからです。

よく、CMや広告などでスースーする爽快なワキガクリーム!と言われるタイプの商品です。

やはり、敏感肌や乾燥肌、アレルギー体質の人は天然成分で作られているワキガクリームを購入するほうがよさそうですね。

クリアネオではれば、天然成分といくつかの有効成分で作られている肌に優しいワキガクリームです。

有効成分と聞くと、刺激が強いようにも感じますが、クリアネオはアレルギーのパッチテストも全てクリアしている商品なので安全性が高いと言えるでしょう。

[ワキガクリーム/副作用]舐めても大丈夫なのか?

ワキガクリームは基本的に舐めることはおすすめできません。

ただ、チチガ対策にワキガクリームを使う場合や、スソガ対策にワキガクリームを使う場合にはどうしても口に入ってしまうこともあります。

口に入ってしまうということは、なるべく危険性の低いワキガクリームを使うようにしましょう。

ワキガ専用のわきがクリームであれば、舐めることも考えられて作られているので低刺激のものが多いです。

[ワキガクリーム/副作用]皮膚科や病院で処方される薬の安全性

ワキガは皮膚科、美容外科などの病院でも診察を受けることができます。

皮膚科の場合には、飲み薬などの内服薬かクリーム他タイプの塗り薬がほとんどです。

病院の皮膚科で処方されるクリームには塩化アルミニウムを含んだものが代表的です。

ただし、塩化アルミニウムは刺激性が強い成分なので、お医者さんの判断によって処方されます。

参考記事:大東化学株式会社 , 厚生労働省 ,日経メディカル , 化学品成分オンライン